クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

FUJI BALLAD(バラッド)でクロモリフレームを楽しむ

最終更新日: 公開日:

私の最近の興味はクロモリフレームのクロスバイクです。

細身のフレームと独特の乗り味。
10万円を切るエントリーモデルのクロスバイクでは、クロモリフレームが一番コストパフォーマンスが良く、その性能を存分に楽しむことができるからです。

乗れば乗るほど、見れば見るほど、細身のシルエットのクロモリフレームバイクに惹かれていくのですが、FUJI BALLAD(バラッド)も、魅了されたクロモリバイクの一台です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

人気モデルの2015年バージョン「FUJI BALLAD(フジバラッド)」

FUJI BALLAD(フジ バラッド)は、2014年まで販売されていたフジの人気車種「ストラトス」の後継クロスバイクになります。

BALLAD

  • 価格:80,000円(税別)
  • コンポ:SHIMANO CLARIS Mix
  • ギアの枚数:1✕8
  • タイヤの幅:28C

フロントシングルの8速変速。スキンサンドタイヤ、ハイポリッシュホイール、サムシフターなどクラシカルのパーツが採用されていて、細身のクロモリとぴったりマッチしています。

フジには「PALETTE(パレット)」をはじめ、どちらかと言うと変った自転車が多いのですが、バラッドはクラシカル自転車の王道なイメージ。

最近流行りの「少し丸みを帯びたオシャレで速そうなクロスバイク」ではなく、「英国クラシカル自転車をイメージしたゆったりとしたクロスバイク」という印象です。FUJI自体はアメリカのブランドですけど・・・
[参考]FUJI BIKES(フジバイクス)

FUJI BALLAD(フジ バラッド)の走行性能は?

快適性、操作性は申し分なしです。

フロントシングルの8段変速も街乗りレベルなら問題ないですし、シフトレバーに採用されたサムシフターも使いやすい。バラッドのようなゆっくり走る自転車には合っている気がします。

攻めて走ったときコーナリングには不安がありますが、バラッドの目的を「ゆったり自転車を楽しむ」ことと考えるのであれば問題はありません。ゆっくり走ったときの直進安定性は抜群で、初心者でもフラつくことなく走りを楽しむことができるはずです。

あとはサドルの柔らかさがちょうどよい感じです。

柔らかすぎず硬すぎず、フラットバーロードとしてのコンセプトを保ちながら「ゆったり」を実現しているサドルです。

FUJI BALLAD(フジ バラッド)の総合評価?

個人的に、外見を重視して選ぶなら「買い」のクロスバイクです。

クロモリフレームのフラットバーロードとして、ハイレベルなスポーツ走行を目的とするなら、他のフラットバーロードを選びます。

細いクロモリフレームを活かした直線的なデザインと、シンプルなカラーリングが最高で、クラシカルに楽しめる一台。
今乗っている「Bianchi CAMALEONTE(カメレオンテ)」とは、デザインとコンセプトが全く異なるクロスバイクなので、セカンドバイクとして欲しいところです。

フラットバーロードとしての走行性能を求めた時に、やはりブレーキングやコーナリングに不安が残ります。
また、タイヤとホイールが物足りない。
ホイールの剛性を求めるために交換、と考えるなら他のワンランク上のフラットバーロードを標準装備の状態で乗った方がいいですね。

バラッドは全6サイズのフレームがあり、小さいサイズもあるので、女性でも不安なく乗れるし初心者にも優しい自転車です。

普段着でオシャレに乗ることのできる「普段着感覚のクロスバイク」です。

走行性能よりもオシャレに街中を走ることを楽しみたい方なら、ぜひ選択肢の一つとして入れておいて欲しい一台ですね。

 - FUJI BALLAD, お勧めクロスバイク