クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

GIOS AMPIO(ジオス アンピーオ)はやっぱりカッコいい!

最終更新日: 公開日:

先日のよく晴れた日に、お世話になっているサイクルショップが主催する「ロングツーリング&試乗会」に参加してきました。

参加者それぞれクロスバイク、ロードバイクを持ち寄り、基本はロングライドを楽しむのですが、途中でお昼を食べたり、お互いの自転車に乗ったりと、なかなか楽しい催しなので、参加できる時はできるだけ参加しています。

今回はクロスバイク中心のメンバーになるとのことでしたので、私も愛車「Bianchi CAMALEONTE(ビアンキ カメレオンテ)」で参加してきました。

私のビアンキは、先日ご紹介した「シマノクリッカー」のペダルとシューズだったため、なかなか人気を博しました(笑)

そんな中、私が目を奪われたのは「GIOS AMPIO(ジオス アンピーオ)」

その鮮やかなジオスブルーに魅了されてしまいました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

シャープなクロモリフレームが秀逸

ジオスのクロモリフレームはやっぱりいい!

ampio

  • 価格:79,000円(税抜き)
  • コンポ:SHIMANO SORA Mix
  • ギアの枚数:2✕9
  • タイヤの幅:25c

細身のクロモリフレームは、オシャレというよりカッコイイの一言。

シャープなデザインによく合うジオスブルーが本当に鮮やかで、晴れた太陽の下で一際輝いて見えました。

私のカメレオンテのチェレステカラーも、他にはない爽やかな水色で気に入っているのですが、シャープなクロモリフレームを引き立てる色の濃いジオスブルーは本当にいいですね。

剛性を抑えたしなやかな走り

走りに関しても、仲間内でゆっくり楽しむロングライドにはいいですね。

剛性を抑えたクロモリフレームのしなやかなさを持ち、かつ若干硬さの残る走りがちょうどよく、操作性がよいのも走っていて気持ちいいです。※剛性については「抑えざるを得ない」という表現が正しいのですが、フレームに関しては、以下のページをご参照ください。

参考:クロスバイク初心者向きのフレーム素材は?

走っている姿も、シャープなフレームが軽快感を生み出していて、太めのフレームの自転車のような「見た目もったり」とした印象がありません。鮮やかなジオスブルーの効果もあるのでしょうね。

単純にクロモリフレームを選ぶのであれば「BASSO LESMO(バッソ レスモ)」などの方が評判はいいのですが、やっぱり見た目も大事、第一印象も大事。

パッと見て、ジオスブルーの鮮やかさ、直線的なシャープなフレームの美しさに目を惹かれるということは、長く乗り続けるには一番大切なことだと感じています。

サードバイクとして「GIOS AMPIO(ジオス アンピーオ」がめちゃくちゃ欲しくなる、そんなロングライド&試乗会でした。

 - GIOS AMPIO, GIOS(ジオス), お勧めクロスバイク, お勧めブランド