クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

クロスバイクに乗る時の服装(ズボン)

最終更新日: 公開日:

クロスバイクは普段着で気軽に乗ることがメリットです。

通勤・通学や買い物などの街乗りの場合、普段着で乗れることはもちろん、自分の自転車に合ったファッションを楽しのも、クロスバイクの楽しみ方です。

先日ご紹介した「シューズ」や「上着」とは違い、下に履く服は割と自由があり何でも合います。極端な話し、スカートや裾が邪魔になるようなズボンでなければOKです。
[参考]
クロスバイクに乗る時のシューズ(内部リンク)
クロスバイクに乗る時の服装(上着)(内部リンク)

スポンサード リンク

スポンサード リンク

クロスバイクに乗る時によく履くズボン

私が街乗りでクロスバイクに乗る時によく履く組み合わせを紹介します。

ジーパン、チノパン

ジーパンかチノパンをよく履きます。

普段着としてオシャレに着こなすこともできますし、クロスバイクに乗る時も動きやすいので利便性があります。

厚手なので秋冬の寒さにも強いので、寒がりな私としては1年を通して利用できるマストアイテムです。

長時間乗るようなロングライドだと股ずれなどが気になりますが、街乗りレベルであれば、一番のお勧めはジーパン、チノパンです。

ハーフパンツとロングタイツの組み合わせ

秋冬になると「ハーフパンツとロングタイツの組み合わせ」を履いてクロスバイクに乗る人をよく見かけます。

カーキ、ベージュ、ブラウンなどのハーフパンツに、カラフルなロングタイツがよく似合いオシャレ度は抜群ですね。

先日紹介した、アウトドアジャケットやマウンテンパーカーとの相性も良いので、ハーフパンツ+ロングタイツはよく履く組み合わせです。

但し、ハーフパンツ+ロングタイツはオシャレ度はあるのですが、冬の寒さにはちょっと弱いです。

クロスバイクはスピードの出る自転車ですので、郊外や長い直線でスピードが出ると寒さを感じます。

ジーパンやチノパンなど厚手のスボンか、ウィンドブレーカーなど防風効果のある服なら問題ないのですが、普通の綿のレギンスだと風を通しまくりで寒くて仕方ありません。

最近はスポーツタイプのハーフパンツやロングタイツもオシャレなものが販売されていますので、同じロングタイツでも、発熱性のあるスポーツタイツを選ぶと良いでしょう。

綿素材のカラフルなレギンスはオシャレ度は高いのですが・・・私には冬の寒さは耐えられませんでした。
寒さに強い方なら大丈夫だと思うのですが、冬の寒さはやっぱり厳しいと思います。

クロスバイクにお勧めしないズボン

お勧めとは逆に、クロスバイクに乗るときにあまりお勧めしないズボン(下に履く服)を紹介します。

白いズボン(白いチノパン)

白いズボンはあまりお勧めしません。

ロードバイクやクロスバイクなどスポーツバイクに乗っている人ならわかると思うのですが、自転車に乗っていると、意外と足元が汚れるのです。

地面の泥はね、チェーンのオイル、クランクの汚れなど、クロスバイクに乗っているだけで、履いているシューズやズボンの裾が汚れます。

どんなに気をつけても知らぬ間に汚れていたりするので、汚れが気になる方の場合、白っぽいズボンは避けた方がよいでしょう。

 - クロスバイクに乗る時の服装, 下に履く服装(ズボン)