クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

最終更新日: 公開日:

LOUIS GARNEAU(ルイガノ)は、カナダのケベックでスポーツ用品メーカーとして創業した自転車メーカーです。

1984年のロサンゼルス・オリンピックにトラック競技の選手として出場した「ルイ・ガノ」が、自分でデザインしたロードサイクル用のウェアを生産したのが始まりです。

その後スポーツバイクをはじめ、ヘルメットやサングラスなど自転車専用のアクセサリーも豊富に生産しているブランドです。

レーシングバイクは「GARNEAUブランド」として展開され、一般向けのカジュアルバイクは「ルイガノブランド」として展開されています。

ルイガノブランドのクロスバイクは日本人によって設計されており、日本人の体格に合った繊細な構造が特徴です。

小柄な人でも乗ることのできる小さめサイズの自転車や、センスのよいカラーリングとデザインが豊富で、女性からも支持されるバイクブランドです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

LGS-RSR 3

LGS_RSR3

  • 価格:82,000円
  • 重量:10.1kg
  • ギアの枚数:2✕9
  • タイヤの幅:23c

ルイガノブランドといえば、カジュアルなデザインとカラーリングが人気で、クロスバイク初心者のお勧めバイクとして「LGS-TR LITE E」をご紹介しました。
[参考]LOUIS GARNEAU(ルイガノ) LGS-TR LITE E(内部リンク)

もう一台、私がぜひお勧めしたいのが「LGS-RSR 3」です。

LGS-RSR 3は、細かくは「フラットバーロード」に分類されるのですが、軽量アルミフレームとルイガノオリジナルのカーボン製ストレートフォークの相性が抜群で、ストップ&ゴーを繰り返す街乗りでも、軽快な走りが楽しめます。

タイヤはロードバイク並の23Cを装着していて、2✕9変速のSHIMANO製SORAコンポーネントがスピード感のある高い走行性を実現してくれます。

私自身、乗ってみて驚いたのが、その走行性能の高さ。

スピードを乗せるまでの加速や、スピードに乗ったときのキビキビとした走りが、エントリーモデルとは明らかに違う一段上の走りといった印象を与えてくれます。

これだけスピード重視のバイクだと、街中では乗りにくのではないかな?と思ったのですが、街乗りでは自転車の軽さが軽快感に変わり、心地よい乗り味を実現してくれます。

正直、この値段でここまでのクオリティーとは驚きです。
個人的には隠れた名車だと思っています。

本体価格が82,000円で、初期購入時のアクセサリー系(ライトやフロアポンプ)を合わせると10万円くらいになってしまいますが、その値段が出せるのであれば、間違いなくお勧めNo.1のクロスバイクです。

 - LOUIS GARNEAU(ルイガノ), お勧めブランド