クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

街乗りはクロスバイクかマウンテンバイクか?

最終更新日: 公開日:

1980年代から90年代の街乗り自転車の代表であるマウンテンバイク。
私が子供の頃はマウンテンバイク全盛期で、周りの人たちは、こぞってマウンテンバイクに乗っていました。

このマウンテンバイクの太いブロックタイヤに、舗装路向きの細いスリックタイヤを履かせたのがクロスバイクの始まりと言われています。

その後、スリックタイヤもよりロード向けになり、ロードバイク用の700cホイールを装着させたモデルが現在のクロスバイクの主流になっています。

私は、社会人になって自転車を購入しようと考えたときに、クロスバイクにするか、マウンテンバイクにするか悩みました。

今でこそクロスバイクでロングライドやツーリングに出かけたりもしますが、当時は通勤や買い物といった街乗りメインで考えていたからです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

クロスバイクとマウンテンバイクのイメージ

当時の私のイメージは

・クロスバイク
 速い、軽い、段差が厳しい、すぐパンクする

・マウンテンバイク
 遅い、重い、段差に強い、パンクしない(耐久性がある)

というものでした。

その中でも「サスペンションの有無」と「タイヤの耐久性」が気になりました。

私だけではなく「速くて爽快に走れるのはいいけど、段差のショックとかタイヤがすぐパンクするのはちょっと・・・」と思っている人は多いと思います。

そのような疑問について、ちょっとだけ参考になることをまとめます。

走るときのスピード、軽さ、走快感はクロスバイク

走るときのスピード、軽さ、走快感は圧倒的にクロスバイクです。

もちろん、走りの軽快さを追求するためにクロスバイクが生まれたのですから、マウンテンバイクよりも勝っていて当然ですね。

ちょっと漕ぎ出せばすぐにスピードに乗るし、速度を維持するのも思いのまま。
天気のいい日はどこへでも行きたくなる軽さで、乗っていて本当に心地いい自転車がクロスバイクです。

段差の衝撃はマウンテンバイク・・・?

段差の衝撃や未舗装路のショック吸収はマウンテンバイクです。

・・・と、言いたいところなのですが、マウンテンバイクに軍配を上げるためには、一つだけ条件があります。

それは「高いマウンテンバイク」に限ります。

実は、マウンテンバイクに装備されている「サスペンション」は、値段によって大きく性能に差がでます。

個人の感覚の違いにより賛否両論あると思いますが、数万円で手に入るようなマウンテンバイクのサスペンションは、あまり意味がありません。ハッキリ言って重くなるだけです。

それほどサスペンションの性能は値段によって差がつき、本来のサスペンションの性能を発揮するためには高価になるのです。

最近のクロスバイクは衝撃吸収性に優れているカーボンフォークを採用している車種も多く、アルミフレームでも、通常の街乗りの段差くらいなら全く問題ないくらい技術の進歩は進んでいます。

未舗装路をガンガン進む目的でもない限り、街乗りレベルならクロスバイクの衝撃吸収性でも全くストレスなく走ることが可能なのです。

タイヤの耐久性はマウンテンバイク

これはタイヤを見れば一目瞭然ですが、タイヤの耐久性は圧倒的にマウンテンバイクです。

未舗装路をガンガン走るために作られたタイヤですので、当然と言えば当然です。

「クロスバイクはパンクしやすいのか~」と思ったあなた。実はそれは間違いです。

お勧めのフロアポンプ最低限必要なクロスバイクグッズでも書いたとおり、私はクロスバイクに乗って7年になりますが、走行中にパンクになったことは1回しかありません。

7年で1回です。これはパンクしやすいでしょうか?

私自身の経験なので、全ての方に当てはまるわけではありませんが、クロスバイクのパンクの原因の多くは「整備不良」です。

毎日小まめに空気圧の点検、調整をしていれば、タイヤの劣化やクギなどの突起物を踏まない限り、クロスバイクでもそうそうパンクすることはありません。

ですので、タイヤの耐久性については、そこまでシビアに考える必要はないと考えています。

私がクロスバイクに乗っているため、クロスバイク寄りの意見になっている気もしますが、クロスバイクかマウンテンバイクかで悩んでいる方のご参考になればと思います。

 - クロスバイクか?MTBか?, クロスバイクの選び方