クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

クロスバイクにお勧めのカギ

最終更新日: 公開日:

ロードバイク、クロスバイクなどのスポーツバイク人気の高まりとともに、それらの自転車を狙った盗難が後を絶ちません。

スポーツバイクは高価で車体自体も軽いため、最も盗難に狙われやすい乗り物と言えるでしょう。

そして残念ながら、盗難に対する完璧な防御策はありません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

カギ(ロック)をかける効果とは?

クロスバイク初心者が最低限購入するアクセサリーでもご紹介しましたが、初めから盗難目的で狙うプロの窃盗集団の前では、どんなに強固なカギ(ロック)をしてもあっさり盗まれてしまいます。

ですが、完璧な防御策がないからといって何もしないわけにはいきません。
強固なカギであれば、それを外すためには労力を要しますし、何より「カギがついてないことによる出来心の窃盗」を未然に防ぐことができます。

自転車の盗難は、プロによる窃盗も多いのですが、カギがついてないことによる出来心の窃盗もまた多いのです。
携帯用の軽いカギ(チェーンロック等)でも、ロックがかかっているだけで、出来心の窃盗は防ぐことができるのです。

そのため、クロスバイクを購入するときはカギ(ロック)を購入して、外に置いておくときは、例えちょっとコンビニに寄るというだけでも、必ずカギをロックする習慣をつけましょう。

カギのかけ方(ロックのかけ方)

クロスバイクは一般的なママチャリなどの自転車と違い、前輪、後輪のタイヤが簡単に外せるようになっています。
特に前輪はレバー一つで外すことができるため、外出時にカギをかける場合は、本体のフレームだけでなくタイヤもロックすることが必要です。

外出時の理想的なカギのかけ方は「堅牢なU字タイプ」と「ダブルループロック」の2つ使いです。

U字ロックはご存じのとおり、鉄製の強固なカギですので、素人がちょっと簡単に破壊できるカギではありません。
但し、ロックできる範囲が狭く、一部分しかロックできないため、それを補うために使用するのがダブルループロックです。

長いワイヤー状のカギで、ワイヤーの先端がループ(輪っか)になっています。
これを、電柱やガードレールなど頑丈な建造物に通して、フレーム、前輪、後輪、サドルとくくりつければ、主要パーツを全てロックすることができます。

これでタイヤなど、パーツだけの盗難も防ぐことができるのです。

U字タイプのカギは重くて携帯に不便、というのであれば、ダブルループロックだけでも必ず携帯して、カギをかけるようにしましょう。

お勧めのカギ(ロック)

ABUS Mini U-Lockは、U字型の強固なロックです。

ロック自体の堅牢さもありますが、カギの接合部分(ロックしたり外したりする部分)に独自の防犯技術が採用されており、このカギを不正に外すためにはカギ自体を破壊するしかありません。

小さいU字ロックながら、セキュリティレベルはかなり高いです。

私もABUS Mini U-Lockを持っていますが、頑丈さは確かに抜群です。

但し、マニュアルにあるような「ポケットに入れて簡単に持ち運び」というレベルの重さではありません。走行中はバッグなどに入れる必要があるでしょうね。

クロップス SPD07 スパイダーQ ロックというダブルループロックです。

クロップスのスパイダーシリーズはダブルループロックの中では人気のある商品で、私も携帯用ロックとして愛用しています。

ワイヤー自体が長く、フレームと鉄柱などの構造物に通してワイヤーのループを通し、その後、前輪、サドル、後輪と通してロックできます。

また、暗証番号形式なので、カギを外すためのキーを持ち歩かなくてもいいのが、携帯用としては便利な点です。

セキュリティレベルという点では堅牢なU字ロックには敵いませんが、建造物と一括りにロックできるので、出来心による自転車やパーツの盗難は確実に防げるでしょう。

 - お勧めアクセサリー(グッズ), カギ(ロック)