クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

夏のサイクリングの必需品!暑さ対策グッズのご紹介

公開日:

いよいよ夏本番の季節です。

連日25℃を超える気温となって、風を切って走る自転車でも暑さが気になる季節になってきました。

さすがに朝晩は涼しくなるし、湿度が低いのでそれほど不快感はありませんが、すぐに梅雨が過ぎて長く蒸し暑い季節になっていきます。

クロスバイクでもロードバイクでも、ロングツーリングやサイクリングで気をつけたいのが熱中症。

暑い中長く体を動かすと熱中症の危険が高くなります。特に晴れている日はすぐに体力を奪われてしまうので、少し走っただけでも熱中症になりやすくなります。

夏のサイクリングで熱中症にならないためにはどうしたらいいのか?

夏のサイクリングの暑さ対策とお勧めグッズをご紹介します。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

日焼け止めクリーム

ドリンクや冷却のグッズが一番にくると思うかもしれませんが、夏の暑さ対策で一番重要なのは日焼け対策です。

別に日焼けしてもいいし、むしろ黒くなった方がカッコいいじゃん!と思ったあなた。熱中症まっしぐらです。今まで熱中症にならなかったのは運が良かっただけ。今年は熱中症になってしまいますよ。

夏の熱中症で怖いのは何だか知ってますか?

気温の高さ。確かにそれも原因の一つ。
湿度の高さ。それも原因の一つ。気温が低くても湿度の高い日は熱中症になりやすいですからね。

でも一番怖いのは、日焼けによる体内の水分不足です。

日焼けは軽度の火傷状態なのは知っている方も多いと思います。体は日に焼けている部分を冷やすために大量の水分を皮膚の冷却に使ってしまいます。

皮膚に水分を取られてしまうので、本来冷やすべきの頭への冷却が間に合わず、あっという間に熱中症になってしまいます。

また、火傷状態になった皮膚を回復させようと体がエネルギーを使うので、体に対してものすごい負担となり体力が奪われます。

外での運動、特に日差しの中で運動したり遊んだりするときは、必ず日焼けクリームなどで日焼け対策することが重要です。

日焼けクリームはSPFが高いものを塗ってもあまり意味がありません。汗と一緒にすぐに流れてしまうので、SPFが低いものを1時間~2時間おきに小まめに塗ることが重要です。

僕が使っている日焼け止めクリームです。SPFが強くないので、肌に優しく荒れないのが気に入っています。

夏のサイクリング、ランニング、冬のスキーのときに大活躍している日焼け止めクリームです。

休憩のときに、首筋や腕を中心に焼けやすい部分は必ず塗るようにしましょう。

水分補給用のドリンクボトル

水分補給用のボトルも夏のサイクリングでは不可欠ですね。

バックパックなどに入れるドリンクボトルはもちろん、自転車のドリンクホルダーに装備しておくボトルも重要です。

自転車は運動量も多くて発汗も多いので、走行中の水分補給が重要です。走り続けている最中じゃなくても、信号待ちや地図の確認のときなど小まめに飲めるように自転車にもボトルを準備しておきましょう。

おすすめはモンベル(mont-bell)のポディウムチルボトルという商品です。

逆さにしても漏れないし、吸っても押しても適度な量が出る独自の口が特徴です。軽量で適度な柔らかさもあるので、とにかく使い勝手がいいです。サイクリストなら10人中10人が良い商品というくらい機能性が優れたドリンクボトルです。

保冷効果、保温効果もあるとの触れ込みですが、そこはオマケ程度の機能です。普通のボトルに比べれば保冷効果もありますが、いつまでも冷えているというわけではありません。

僕自身使っていますが、夏でも冬でもロングライドのときは絶対に手放せないドリンクボトルですね。それほど他の商品と比べても使い勝手がいいと思いますよ。

ネッククーラー

首に巻くタイプのネッククーラーもお勧めです。

熱中症対策の基本は首筋です。

夏の直射日光でまずやられるのが、後頭部から首筋にかけてと肩です。特に首には頭に血液を送る太い血管が通っているので、首筋を冷やすことが熱中症対策として最優先になります。

水で濡らして使うタイプと保冷剤を仕込んで使うタイプがありますが、僕が使っているのは保冷剤を仕込むタイプ。

水で濡らして使うタイプは着けた瞬間はひんやりしているのですが、すぐにぬるくなっていまいます。特に自転車は風を切って走るので、あっという間に蒸発してしまって冷却効果が長続きしません。

保冷剤を仕込むタイプなら首筋をしっかり冷やすことができるし、冷却効果も長続きします。

部屋に入ったりじっとしているときは少し寒いですが、直射日光の下、自転車を漕いでいる状況ならちょうどいい冷却効果です。

夏の暑い中で風を切って走る自転車は気持ちいいですが、ぜひ暑さ対策をしっかりしてください。熱中症にならないように、夏のサイクリングを楽しみましょう!

 - お勧めアクセサリー(グッズ), 夏の暑さ対策グッズ