クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

Cannondale(キャノンデール)

最終更新日: 公開日:

キャノンデール(Cannondale)は、1971年にアメリカで創業したスポーツバイクブランドです。

キャノンデールが初めて市販向けに発表した自転車は、当時としては斬新な「大径アルミチューブのツーリングバイク」で、1983年の発表と同時に大ヒット商品になりました。

その後もアルミフレームの製造技術では常に業界をリードし、

「アルミといえばキャノンデール(Cannondale)」

と言われるほどのブランドです。

1995年からは多くの自転車競技にもチームとしてサポートし、「キャノンデール・プロサイクリング」は、ロードバイクレーシングで存在感を示す一流のブランドとなってます。

2014年10月現在、ロードバイクではキャノンデール・プロサイクリングを牽引してきたエース「ペーター・サガン」が、ティンコフ・サクソに移籍して話題を呼んでいます。

最近のキャノンデールのハイエンドモデルはカーボン製が主流ですが、アルミ製フレームの存在感は健在で、キャノンデールのアルミ製バイクに乗りたいというヘビーユーザーも多いです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

QUICK 4(クイック)

QUICK4

  • 価格:74,000円
  • 重量:-
  • ギアの枚数:3✕8
  • タイヤの幅:28c

キャノンデールが販売するクロスバイクのうち、初心者に最適なエントリーモデルの1台です。

QUICKシリーズには、「QUICK SPEED」(昨年までQUICK SL)というスピードバイクモデルがありますが、若干硬さが強調されたシリーズですので、クロスバイク初心者には、通常のQUICK 4が最適です。

QUCIK 4はエントリーモデルとは言え、ハイエンドモデルで培ったキャノンデールらしい技術が随所に詰め込まれていて、軽さを活かしたスピードを楽しむことのできるクロスバイクです。

街中でゆっくり走る乗り方よりも、せっかくクロスバイクに乗るんだから上質なスピードも楽しみたいという方にお勧めの1台です。

BAD BOY SOLO(バッドボーイ)

BadBoy

  • 価格:119,000円
  • 重量:-
  • ギアの枚数:3✕9
  • タイヤの幅:28c

ステルス戦闘機をモチーフにしたマットブラックの車体が特徴で、キャノンデールを代表するシティー派クロスバイクの1台。

無骨なスタイルと存在感のあるマットブラックの車体が人気で、初登場から14年にもなるロングセラーシリーズの自転車です。

同じBAD BOYシリーズでも「SOLO」がつくモデルを選んで欲しいです。

少し値段は高くなりますが、キャノンデールのアイコンとなっている「片持ちフォーク」を採用していて、その名のとおり、フロントフォークが片側一本の自転車なのです。
※上の写真をクリックして拡大するとわかります

初めて見た時は、その異彩を放つフォルムに目を奪われましたが、乗り心地は軽快そのもの。
ステルス戦闘機をモチーフにしただけはあり、静かでスムーズな乗り心地は街乗りにピッタリな1台だと思います。

ケーブル類も極力内臓されていて、余計な装飾やカラーも一切なし。

せっかくお金を出して乗る自転車なら、少し変ったクロスバイクに乗りたいという方には、ぜひお勧めしたいバイクです。

 - Cannondale(キャノンデール), お勧めブランド