クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)はクラス最高級の1台

最終更新日: 公開日:

GIOS(ジオス)といえばジオスブルー。

ジオスの代名詞的カラーで、鮮やかな突き抜けるようなブルーが特徴です。

以前、GIOS AMPIO(ジオス アンピーオ)をご紹介しました。

ジオスを代表するクロスバイクで、クロモリフレームの美しいフォルムと細身のフレームに映えるジオスブルーがなんとも魅力的な一台です。

ジオスミストラルは、価格帯的にはクロスバイクの中でも最安値の部類で、税抜き価格は5万円を切る、導入車として最適な一台です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

GIOS MISTRAL(ジオス ミストラル)の特徴

GIOS_MISTRAL

  • 価格:47,500円(税抜き)
  • コンポ:SHIMANO ALTUS Mix
  • ギアの枚数:3✕8
  • タイヤの幅:28c

フレームはアルミフレームを使用していて、アンピーオのような細身のフォルムではありませんが、ジオスを代表する鮮やかなジオスブルーで彩られています。

ジオス伝統のヘッドバッチがフレームに配置されるなど、細部に渡ってこだわりも見られます。

GIOS_HEAD

驚くのは自転車全体でみたときのバランスの良さ。

一つ一つのパーツを見れば、そこは5万円を切る価格帯の自転車。決して質の良い高いパーツが使われているわけではありません。

ですが、パーツの構成とパーツの能力を発揮するフレームとのバランスが絶妙で、乗っていて違和感があったり、安い価格帯の自転車にありがちな乗りにくさが全くありません。

街乗りでのゆっくりとした走り、スピードを上げたときの安定感とプレーキングもこのレベルなら必要十分の能力です。

トップスピードからの急ブレーキなど、ストレスのある走りでは不安定さが出るものの、クロスバイクにそのようなストレスを求めることもないし、導入車としてはむしろ必要のないものでしょう。※ブレーキが効かないという意味ではありません。

ハンドリングも良く、コーナーで曲がった時に極端に内に切れ込んだり、大きく膨らんだりせずに、「こう曲がりたい」という想いに素直に反応してくれます。

この価格帯にしてジオスブルーを満喫できるのであれば、それだけで乗る価値のある自転車だと私は思いますし、完成度と安定感の高さは群を抜いて最高級の一台だと思います。

ミストラルはどんな人に向いているか?

大人の男性が乗るのも問題なさそうですが、小さいサイズもあるので、小柄な女性や中学生、高校生が乗っても楽しめる一台だと思います。

クセがなくすんなりと乗れる自転車ですし、なによりこの価格なら購入しやすいのではないかと思います。

もちろん走行性能だけをとれば、ジオス ミストラルよりも性能が高いクロスバイクは沢山ありますし、お金をかければもっと質の良い自転車だって乗ることもできます。

ですが、ターゲットを「誰でも楽しめるスポーツバイクの導入車」としたときに、ミストラルを上回るクロスバイクはないでしょうね。

ビアンキのチェレステカラーやジオスブルーなど、鮮やかな色が好みの私のひいき目を除いても、文句ない乗車感だと思います。

アンピーオもそうでしたが、ジオスのクロスバイクは、クロスバイクのセカンドバイクとして1台欲しくなる魅力がありますね。

 - GIOS MISTRAL, GIOS(ジオス), お勧めクロスバイク, お勧めブランド