クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

クロスバイクの魅力を考えてみる

最終更新日: 公開日:

クロスバイク購入がきっかけで本格的な自転車の魅力にハマり、自転車にのめり込む人は結構います。

私自身、7年前に初めてクロスバイクを購入してから、クロスバイクを3台乗り継ぎ、ロードバイクも乗るようになりました。

当ブログは「クロスバイク入門計画」ですので、ロードバイクについて細かく書くつもりはありませんが、地元のヒルクライム大会には毎回出場するくらいのサイクリストです。※入賞ではなく出場ですよ(笑)

クロスバイク、ロードバイク両方乗っていますが、どちらかというと私はクロスバイクにハマった人間です。

ロードバイクにはロードバイクの魅力があり、歴史があり、奥の深いスポーツですが、クロスバイクにはロードバイクに無い楽しみがあるのも魅力です。

今回は、あくまでも個人的な感想ですが、クロスバイクの魅力について改めて考えてみました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

気軽にツーリングに行ける

時間をかけて楽しみながらツーリングをする場合は、クロスバイクがピッタリです。
※ロードでも楽しめるぞ!という方、個人的な感想ですのでお見逃しください・・・

クロスバイクは比較的カジュアルな格好で楽しむことができます。

パットをお尻に入れなくてもそれほど痛くなることはありませんし、ロード用のウェアを着る必要もありません。
普段着でロードバイクに乗ってもいいのですが、それだとロードバイクの性能が活かしきれず楽しみ半減となってしまいます。

普段着のようなカジュアルな服装で楽しめるので、途中の飲食店や気になった店なども気軽に寄ることができます。
また、街乗りにも対応できますので、ロングツーリングがてら、ちょっと隣の市、隣の県の中心地に行って観光する、ということも気兼ねなく楽しむことができます。

思い立ったときに、デイバック一つを背負って出かけることができる。

自転車の特性を活かして楽しむために、気軽に準備して楽しむことができるのがクロスバイクの魅力です。

適度なスピードが楽しめる

クロスバイクに初めて乗った人は、自転車の軽さと簡単に出せるスピードに驚いたと思います。

ロードバイクに乗っていると、そのスピードが逆に怖さとなるときがありますが、クロスバイクはその「適度なスピード感」が魅力です。

これは私だけかもしれませんが、ロードバイクに乗っているとどうしても攻めたくなってしまうのです。
長いストレートがあればどこまで速度が出せるか試してみたくなりますし、上り坂があればどこまでケイデンスを落とさずに行けるか試してみたくなりますし、下り坂があればどこまでブレーキをかけずに攻められるか試してみたくなります。

それがロードバイクの魅力なのですが、必死に攻めると結構疲れます(笑)

幸い、クロスバイクはそこまでスピードは出ませんし、下り坂でスピードを出すと自転車自体の挙動が不安定になるので、スピードを出すことができません。

心にゆとりを持ち、周りの景色が楽しめるくらいのスピードで爽快に走りを楽しめるのがクロスバイクの魅力の一つです。

それほどお金がかからない

「クロスバイクは高い」というイメージがありますが、実はそれほどお金はかかりません。

確かに、クロスバイク本体だったり、ライトやヘルメットなどのアクセサリーを揃えるとそれなりにお金はかかりますが、最初の初期投資以外はそれほどお金がかからないのです。

クロスバイクを走らせるのは基本的にタダですし、場所代などがかかるわけでもありません。

ロードバイクだと、クランクやハンドルといったパーツを、それこそ何万、何十万と出して変えたくなってきますが、クロスバイクでそこまで手をかける人はあまり見かけません。

実用性に優れ、走りも楽しむことができる。

そんなオールマイティーでお手軽な部分が、クロスバイクが広まっている理由であり、魅力であると感じています。

 - クロスバイクの魅力, クロスバイク初心者, 気軽に乗れて楽しめる