クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

クロスバイクでお尻が痛い時の改善方法

最終更新日: 公開日:

クロスバイクやロードバイクなどスポーツバイクに初めて乗る人にとって、お尻の痛みはつきものだと思います。

ちょっとした時間の街乗り程度であれば問題ないかもしれませんが、長い時間・長い距離を走るようになると、ほとんどの人がお尻の痛みを感じるようです。

私がいつもお世話になっているサイクルショップにも、お尻の痛みを訴えて、改善方法を教えて欲しいというクロスバイク初心者が結構いるそうです。

一言で言ってしまえば、慣れの部分が大きく影響してくる問題ではあるのですが、それでも毎回お尻や股が痛くなるようだと、せっかくのクロスバイクも楽しくないですよね。

私も最初の頃はお尻の痛みが結構ありましたし、今でもロングライドすれば痛くなることがあります。

個人的に試して効果があった解決策をご紹介します。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

お尻が痛くなる原因を知ろう

クロスバイクでお尻が痛くなる原因は以下の2つです。

・サドルの硬さ、形状
・ライディングポジション(乗った時の姿勢)

ママチャリなどの一般的な自転車は、サドルの中にクッションになる綿が十分に入っていて、クッション性に優れています。
サドル自体の面積も大きいですし、お尻を乗っけても力が分散するので、痛くなりません。

一方、クロスバイクのサドルは、一般的な自転車に比べて、硬い材質で細い形状をしています。

お尻の柔らかい部分ではなく、お尻の肉の薄い部分がサドルの硬く細い部分に乗るため、一点に力が集中し痛くなります。

また、ライディングポジションも大きく影響します。

一般的な自転車であればお尻全体が乗るようなポジション(姿勢)になりますが、クロスバイクはサドルを高く上げるため、お尻全体ではなく股付近で乗るようなポジションになるため痛くなります。

お尻や股が痛くなる時の改善策

私が試した改善策をご紹介します。
先に言うと「サドルの高さを下げる」はあまりお勧めしません。
サドルの高さの基本は「クロスバイクの正しいポジションとは?」で説明したポジションがクロスバイクの性能を引き出すポジションとして最適で、サドルの高さを変える以外に解決策がない!という以外は、サドルの高さを極端に下げることはしない方がよいと考えています。

サドルの前後の位置と角度を変える

クロスバイクのサドルは、前後の位置と確度を変えることができます。

市販されているクロスバイクのフレームは、当然ですが画一的に作られていて、個人個人の体格に合わせて作られているわけではありません。

基本的なライディングポジションは「腕とお尻に同じくらいの力がかかるように乗る」ことであり、それを調整するために、サドルの前後の位置と角度を調節します。

お尻や股が痛くなる人は、お尻側に加重がかかっているケースが多いため、サドルの前後の位置や角度を調節して、痛くならないポジションを見つけましょう。

パッド付きインナーパンツを使う

パッド付きインナーパンツを使用してみましょう。

ロードバイクのロングライドでは必須アイテムです。

私自身、街乗りでは使用しませんが、ロングライドでツーリングに行くときは、クロスバイクでも必ず使用しています。
ツーリング中にお尻が痛くなると最悪ですからね。

購入する時は、パッド付きインナーパンツだけは安い商品を買わないでください。

個人差があるのかもしれませんが、安い商品は蒸れたり、パットの位置が思うように合わなかったりして、逆に股間付近を痛めてしまう元となります。

お勧めは、私自身使用していて、周りの評判も良い以下の商品です。

サドルを変える

最後の策としてはサドルを変えてみることです。

構造学的に力が分散され、痛くなりにくい設計をされたサドルが販売されています。

私は、クロスバイクには使用していませんが、愛用のロードバイクには「selle セラ SMPサドル」を使用しています。

長時間ライディングしても、痛くならず、走行時のライディングポジションも適正な位置を保持してくれるため、重宝しているサドルです。
[参考]お尻の痛さを改善!selle セラ SMPサドルの選び方(内部リンク)

▼こちらは女性用です

ビアンキのチェレステカラーモデルもあるのですね。
でもビアンキに合うサドルはホワイトだと思いますけど・・・

解決策をいろいろ試してみて、快適なクロスバイク生活を送りましょう。

 - お尻が痛くなる時の改善方法, クロスバイク初心者