クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

本当は気をつけたいクロスバイクの服装

最終更新日: 公開日:

当ブログでは「クロスバイクに乗るときの服装」として、街乗りでも楽しめるようなカジュアルなファッションを紹介しました。
[参考]クロスバイクに乗る時の服装の一覧(内部リンク)

ハーフパンツとレギンスの組み合わせを紹介したり、夏ではTシャツ1枚、ポロシャツ1枚でも気軽に乗れることが魅力です、と言ってきました。

私自身、街乗りでクロスバイクに乗る時は「オシャレに乗りこなしたい」という想いがあり、夏場はかなりラフな格好で乗るときがあります。

ですが、自転車を乗るうえで本当に安全を考えるのであれば、Tシャツやハーフパンツは避けるべきなのです。

カジュアルさを追求することによる「デメリット」もあることを知ったうえで、クロスバイクのファッションを楽しんだ方がよいと考えています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

自転車では肌の露出は極力避ける

自転車やオートバイは「肌の露出は極力避けること」が安全面の基本です。

ロードバイクのサイクリストやオートバイに乗っているバイカーの服装を見てるとわかると思いますが、夏場の暑い時期でも極力長袖やロングタイツを履いたりしていますよね?

あれは「転倒によるすり傷を防止する」という理由があるからです。

自転車やオートバイなど、スピードの出る乗り物で一番怖いのは転倒です。
そして、転倒による衝撃も怖いですが、それ以上に転倒による裂傷(すり傷)が怖い存在となります。

肌が露出している状態だと、転倒したときにモロに肌を擦ることになります。

すり傷は切り傷と違い、治りが遅く傷跡が残ってしまうことが多いです。
また、傷口が深く神経を傷つけてしまうと、すり傷の場合は「最悪神経が治らない=痺れやマヒが残ってしまう」ということにつながります。

スパっと綺麗に切れる切り傷とは違い、不規則に傷つくすり傷はそれほど厄介なものです。

ですので、本来であれば、肌の露出を極力避け、夏でも長袖のシャツやロンT、下は長ズボンを履くのが理想的です。

そうは言ってもファッションも楽しみたいし、真夏は暑くて長袖なんか着てられないよ、というのもよくわかるし、実際私も真夏は半袖を着ています。

この辺は、肌を露出することによるリスクも知ったうえで、自己判断するべきことだと思っているのですが、最近のクロスバイク入門書や初心者向けのサイトなどは、リスクについて語ることが少なく、私としてはそのような状況を危惧しています。

初心者こそリスクを理解して乗るべきだからです。

パールイズミのプリントジャージはオシャレですね。

ロードバイクのサイクリストは体毛も剃る

今まで自転車にそれほど詳しくなかった初心者の方は知らない情報だと思いますが、ロードバイクなど競技志向のサイクリストは、脚のムダ毛を処理しています。

全ての人が処理しているわけではありませんが、大抵の人がカミソリで剃ったり、脱毛クリームなどを使用して、脚のムダ毛を処理しています。

空気抵抗軽減のため?と思われるかもしれませんが、主目的は違います。

理由はこれも「転倒時の傷口を考慮して」です。

転倒時のすり傷の危険性は上記で書いたとおりなのですが、ここに体毛が加わるとさらに傷口を悪化させてしまいます。

脚の体毛は、傷の治療の際に邪魔になりますし、傷口の回復を遅らせます。さらに傷口内に残ってしまうこともあるため、厄介な存在なのです。

クロスバイクでファッションを楽しむときは、上記のようなリスクも理解して楽しむようにしましょう。

そして何より、なるべく転倒しないような安全運転を心がけることが一番です。

 - クロスバイクに乗る時の服装, 服装の注意点