クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

ミニベロ専門ブランドか?大手自転車メーカーか?

公開日:

クロスバイクとロードバイクは似ている部分が多くて、ロードバイクで有名なブランドがクロスバイクでも有名なブランドだったります。

エスケープのジャイアント
カメレオンテ、ローマのビアンキ
クイックのキャノンデール

上記はロードバイクでも超一流のメーカーです。

対してミニベロは少し異なります。

ミニベロ専門のブランドがあってミニベロユーザーには根強い人気があります。

一方で最近は、ビアンキやジャイアントなど自転車の総合ブランドも沢山のミニベロバイクをリリースしています。

ミニベロ初心者が選ぶときに、ミニベロ専門ブランドと大手自転車ブランドのどちらのブランドバイクを選べばよいのでしょうか?

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ミニベロ専門ブランド

ミニベロ専門ブランドも数多くありますが、有名どころは「BD-1」「KHS」「DAHON」といったブランドです。

それぞれのブランドで個性があって、走行性能・デザイン・携帯性などミニベロ特有の長所を活かしたオリジナル溢れるミニベロを販売しています。

BD-1はミニベロユーザーに根強い人気のあるブランドです。

BD1

フォールディングバイクの走行性能と快適性を両立させたミニベロで、フロントサスペンションの独自の形状はBD-1ならではです。

フレームの独自性、走行性能の高さ、携帯性などどれをとっても考えられたミニベロで、長く愛着を持って乗っていられるブランドです。

DAHON(ダホン)は折りたたみ自転車として有名なブランド。

ダホンから販売されているEEZZ D3は折りたたみ式で10kg切る軽さが魅力的。持ち運びが便利でどこにでも持っていけるから、観光地や旅行先でも大活躍します。

KHSはロードバイク並の走りを追求したミニベロが人気。

F-20RCは大きめの20インチホイールを使っていて、速さを追求した設計。コンポーネントにSHIMANOのTIAGRAが使用するなど徹底的に走りの速さ、走行性を追求しています。

大手自転車メーカーのミニベロ

大手自転車メーカーのミニベロはひと言で言えば安定感があります。

ロードバイクやクロスバイクで培った技術とブランド独自の特色を活かしたミニベロが多い印象です。

例えばビアンキは、ビアンキらしいスタイリッシュなデザインの中にも落ち着きがあるミニベロを販売しています。

bianchi_minivelo

GIOS(ジオス)もジオスブルーを採用したドロップハンドルのミニベロがあって、ロードバイクをそのままミニサイスにしたような印象。もちろん走行性能はロードバイク同様抜群です。

ジャイアントは安くて安定感のあるミニベロモデルを数多く販売しています。

大手自転車メーカーは間違いがありません。

販売店が多くて入手しやすいし、何か不具合があったときもすぐに直すことができます。

値段が安くてもコンポーネントなどは良い物を使っていて、値段以上の安定感と走行性能が約束されています。もちろんハイエンドモデルも販売されているから、ミニベロを一段上のレベルで楽しみたい人でも十分満足できるはずです。

ミニベロ専門と大手メーカーどちらが良いの?

ミニベロ初心者が「とにかくカッコ良くて走行性能が安定しているミニベロが欲しい!」というのであれば、大手自転車メーカーから選ぶのが良いと思います。

やはり値段もお手頃価格で購入できるし、値段以上の安定感と走行性能があるのが魅力です。デザインやカラーリングも洗練されているミニベロが多いので、買ってから間違ったー!なんてことがありません。

もちろん「ダホンの携帯性のあるミニベロがいい!」「KHSの走行性能の高いミニベロがいい!」というのがあれば、欲しいミニベロを買うべきです。

特定のミニベロがなくて「予算が手頃でミニベロを存分に楽しみたい」というのであれば、ビアンキやジャイアントなど、大手自転車ブランドから選ぶことをお勧めします。

 - ミニベロ(Minivelo)