クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

ミニベロ(Minivelo)はじめてみますか?

公開日:

minivelo

自転車の種類にミニベロ(Minivelo)があります。

フランス語で自転車のことを「Velo」と言い、小さい(Mini)自転車のことを総称して「ミニベロ(Minivelo)」と呼びます。

基本的に20インチ以下の小径タイヤを使用した自転車はミニベロに入るのですが、最近では折りたたみ自転車も小径タイヤのため、折りたたみ自転車と区別するため「折りたためない小径自転車」をミニベロと言うこともあります。

見た目が可愛らしくて乗りやすい自転車ですから、ちょっとした街乗りや買い物に最適。でも上級モデルになれば、クロスバイクのような本格的な走りもできるミニベロが沢山あります。

初めてのミニベロ選び。どんなところがミニベロの魅力なんでしょうか?

スポンサード リンク

スポンサード リンク

街中をこまかく走り回りたい!

ミニベロの魅力といったら何と言っても手軽さですね。

タイヤサイズが小さいので、漕ぎ出しが軽くて、交差点の信号などで、頻繁にストップ&ゴー(停止、発進)を繰り返す街乗り走行に最適です。一般的な自転車の発進のときの「よっこいしょ!」というストレスがありません。

人や物をよけながら走ったり、道を曲がったりを繰り返す走りにもタイヤサイズの小ささが活かされます。クロスバイク、ロードバイクが直進性を求める自転車だとすれば、ミニベロは文字通り小径を活かしてスイスイ走るといったイメージです。

細かい走りが得意ということは遅いのかな?と思うかもしれませんがそんなことはありません。
実際にミニベロに乗って走ってみるとわかるのですが、小さいタイヤの割にスピードが出ます。まず漕ぎ出しが軽いのですぐに速度が乗りますし、自転車自体も軽いので速度も結構出しやすいのです。上級モデルのミニベロとなれば、クロスバイクに負けないスピード感溢れる走りをすることも可能です。

爽快に風を切って「ダーーーーー」っと走ることもできるでしょう。

但しそこは小径タイヤのミニベロ。ロードバイクやクロスバイクのような「ひと漕ぎで一気に進む」ことはできません。スピードを出そうとすればその分漕ぐ回数は多くなります。
それでもギアなどコンポーネントにこだわれば、ひと漕ぎでミニベロとは思えないスピードを出すこともできます。

大きいタイヤが怖い女性にもピッタリ

最近はオシャレなクロスバイクが流行っていて、女性を中心に物凄く人気がありますね。当サイトでも女性に似合うオシャレなクロスバイクを数多く紹介しています。

ですが、クロスバイクはタイヤが大きい。
小柄な女性向けの小さいサイズのクロスバイクもありますが、基本的なタイヤサイズが700m(27~28インチ相当)か26インチですので、足つき(停まったときに足が届くかどうか)は悪くなります。155cm以下の女性の場合は、選べるクロスバイクの種類も限られてしまうし、足つきがストレスになることも多いと思います。

ミニベロの足つき性は抜群です。

サドルの高さを調節すれば、サドルに乗ったまま足をつくことが可能です。サドルを降りてトップチューブに跨って停止するクロスバイクのようなストレスがありません。

またタイヤサイズが小径なので、重心位置が低くなり乗車姿勢が安定します。クロスバイクほど前傾姿勢にならず低重心になるので、高い自転車に乗っている時の不安感がありません。気軽に不安なく乗りたいという女性にとっては安心感がありますね。

細くて大きいタイヤはちょっと怖い・・・という人にはミニベロはお勧めです。

やっぱり見た目も重要!

街乗り目的だから走行性能とかに興味がない。でも見た目のデザインとかカラーリングは、オシャレにカッコよく決めたい!という人は多いです。

日常的に街中を乗り回すのだから飽きないデザインがいい!という人もいれば、人とはちょっと違う目立つカラーリングがいいという人もいますね。

そんな多彩なデザイン、カラーリングの種類を満たしてくれるのがミニベロ。

一般的な街乗り用のママチャリとは違い、デザインもカラーリングも多種多様で本当にオシャレ。クラシカルでシックなミニベロもあれば、ビビッドで奇抜なカラーリングのミニベロもあって、街乗りを意識して見た目もこだわった自転車が多いのも特徴です。

「自転車の走りはよくわからないけど、カッコよく・可愛く乗りたい」という思いを叶えてくれるところもミニベロの魅力ですね。

 - ミニベロ(Minivelo)