クロスバイク入門計画

クロスバイクの選び方や乗り方、メンテナンス方法、グッズ、パーツ、ギアを紹介するサイトです。

*

初めての100kmロングライド(準備編)

最終更新日: 公開日:

クロスバイクに乗るようになり、スピードを出せるようになったり1回に走る距離が伸びてくると、いつかは100kmロングライドに挑戦してみたいと思うはずです。完全に自転車にハマっている状態ですね(笑)

1日に100km自転車で走ることは容易ではありません。

ロードバイクに乗り慣れてるサイクリストや、ロングライドやツーリングを趣味としているサイクリストなら100kmは普通の距離ですが、街乗りを中心に乗っているサイクリストにとって、100kmのロングライドは途方もない距離に感じると思います。

平均時速20kmで一切休憩なしで走り続けたとしても、5時間漕ぎ続けて達成する距離です。
実際には、度々休憩を入れたり、食事休憩を入れたりしますから、朝から乗り始めて夕方までかかる超ロングライドになるはずです。

ですが私は、そんな街乗りサイクリストにこそ、100kmロングライドにぜひ挑戦して欲しいと思っています。

100kmロングライドの達成感はハンパないです。

きっと次の日にはお尻が痛くなり、筋肉痛となるでしょう。
100kmロングライド終盤になると、楽しみよりも必至でペダルを漕ぐ時間の方が多くなるかもしれません。

それでも、100km走りきる達成感、心地よい疲労感はやみつきになります。
事前に計画を立てて、景色を楽しみながら、名所や名物を堪能しながら1日走る楽しみは格別です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

100kmロングライドの事前準備

初めての100kmロングライドは1日がかりになりますので、事前の計画や準備が重要になります。

コースの調査、中継地点、おおよその時間帯を計画し、持っていくグッズや食料を準備しておく必要があります。

100kmロングライドの計画の立て方や準備するグッズは、自転車雑誌やサイトで頻繁に特集されていますので、当サイトでは「意外と気づきにくいあると重宝するグッズ」についてご紹介したいと思います。

長袖の上着

夏でも冬でも必ず長袖の上着を一枚余分に持って行きましょう。

夏の場合、半袖で自転車に乗ると思います。
本来なら転倒時のケガの拡大防止のためにも、常に長袖でいることが望ましいのですが、そうはいっても夏は暑いですよね。

但し、天気のいい日は紫外線が大敵です。
紫外線による日焼けは、体力を消耗します。
体を動かす疲労よりも、暑さによる疲労よりも、日焼けによる疲労が一番体力を消耗します。

冬の場合は何と言っても寒さです。
100kmのロングライドとなると、コースによっては予想以上に風が強かったり、気温が低い場合があります。
寒さに震えながら自転車を走行することは苦行でしかありません。

天気予報で天気や気候が良くても、余分に一枚持っていく習慣をつけましょう。

フロントライト、バックライト(テールライト)

フロントライト、バックライト(テールライト)、LEDストラップなども必須です。

朝から夕方までの計画だから暗い夜は走らないよ?と思うかもしれませんが、それは100kmロングライドを甘く見過ぎです。

初めての100kmは何が起こるかわかりません。
途中でタイヤがパンクするかもしれないですし、脚がつったり筋肉疲労で計画通りのスピードが出せないかもしれません。

予定時間から遅れて夜になってしまった場合、ライトが無いと致命的です。

100kmロングライドの準備グッズとして、タイヤのチューブや携帯用フロアポンプについての記述はよく見かけるのですが、フロントライトやテールライトなどに言及している雑誌はあまり見かけません。

予備のチューブよりも、ライトの方が明らかに使用頻度は高いです。

それほど大荷物ではありませんし、昼間の走行計画でも必ずライトなど光るものを携帯するようにしましょう。

ワセリン、軟膏、絆創膏など

ワセリン、軟膏、絆創膏などはどれか携帯しておくと、意外と利用シーンが多いアイテムです。

初めての100kmロングライドとなると、お尻、股、足首などの擦れる部分が痛くなる場合があります。

擦れる部分の炎症をそのままにしておくと、傷がどんどん酷くなりますし、何より自転車に乗っているときに大きなストレスになります。

ワセリン、軟膏などを塗れば擦れも痛くなくなるし炎症も抑えられます。

また、万が一転倒してケガをしてしまった場合でも、ワセリンや軟膏が役に立つし、絆創膏で傷口をカバーすることができます。

ワセリン、軟膏、絆創膏も荷物になるものではないので、ぜひ一つ携帯することをお勧めします。

以上のグッズは、私がロングライドするときに必ず携帯するアイテムであり、今までのロングライドの中で何回も役に立ってきたものです。

ぜひ、通常携帯するグッズと一緒に準備してください。いざというときに必ず必要になり役に立ちますよ。


パールイズミのウィンドブレーカーは質が良く自転車の動きに最適で、使い勝手がいいので一着持っていると重宝しますよ。

 - 事前準備編, 初めての100kmロングライド